車の査定価格と買い取り価格と流通価格

車を買うときは新車か中古車になるますが いずれにしても出来るだけ安く買いたい!
そして下取り価格や買い取り価格は日本一高く買って欲しい! 誰でもそう願ってますよね

 

もともと車は新車(新車価格)で販売され何年か使用した人が
又新たに新車を購入しそれまで使用していた車を下取り(下取り価格)として手放し中古車(中古車価格)として再販される
これが車の流通ですよね
この下取り価格を決める時に査定するので、下取り価格=査定価格になっている。

 

高度成長期、昭和40年代車産業初期には今と事情が違うのは当然ですが、
2年使用して新車価格の10万落ちくらいで下取り価格として新車と代替えした話も聞いた事が有る

 

査定価格とは 
車の評価を適正な審査により決めた価格の事 なのですが
日本自動車査定協会が指導している計算方法や基準どうりに算出した場合
現実とはかなりのギャップがありそうです。

 

 

というのも査定の仕事は各販売店 買い取り業者の担当員が行う訳で差が出ないのが当然だし
現実的には査定価格と言うよりも流通価格の情報の方が中心になりつつある為で○○万円利益が見込めるから買い取り価格は決まっている場合もあるようです。

 

現在の情報社会を考えれば1円でも高く売れる所に売りたいと思うきもちは当然でネットを活用しないのはもったいないです。
お店により高額査定価格を付けてくれる一括査定システムによる売却が増えてきているのは当然でしょう。

 

 

高級車を販売するのが苦手なお店と得意なお店で査定価格が変わって当然と云う事です。

免責事項

当サイトは車を高く売る方法、車を売るときの手続きなどについて、正確な情報を記載作成していますが、

その情報のすべてを保障するものではありません。掲載している情報が変更もしくは誤っていた事により、

紹介している中古車買取業者と何らかのトラブルがあった場合でも当一切責任を負いませんので予めご了承ください。

 
ホーム 実際のトラブルと回避法 発生しやすいトラブル 買取満足度レビュー