ローンと残クレどちらがいいのかよくわからない人必見

安い中古車を乗り継ぐより年間償却を少しアップして残クレで新車!

車の故障

こんな人は残クレがいいかも
残クレ適合者とでも言いましょうか余裕のある現金が無い人にとっては残クレのシステムは素晴らしいと思いますね

 

 

特に残価設定プランで購入を考えたほうがいいタイプの人
・毎回ローンで購入している人
・5年くらい周期で中古車を乗り継いでいる人
・車は経費だと考えている人
・3年もしくは5年ごとに代替している人

 

 

特に残クレを利用したほうがいいお勧めしたいタイプという人
5年落ちくらいの中古車を買って5〜6年使用してまた購入している人

 

経過5年の中古車は価格もそこそこしますし素行距離も4万キロ以上であるかk率が高いようです
新車の予算はないから中古車を購入しようと考えている人にとっては
リーズナブルになってお得感があるのかも知れませんが諸費用とか合計すると意外と高くなってしまいます

 

例えば中古車在庫検索で5年前のタントカスタムを調べてみてください
事故車とか訳ありでないと新車価格の半分以下なんてありえませんよね
プラス諸費用や整備費用が必要になるのです

 

ここでよく考えて頂きたいのですが
この中に誰かが残クレを利用し5年経過して清算した車があると思いませんか?
ご近所の知り合いが使用していたのかも知れません。

 

何パーセントかはあるはずなんです。
当然販売店は10万以上の利益を取りますのでもし自分が使用していたのなら
5年後の車を10万以上安く購入するのと同じになります

 

5年前は新車 仮にモデルチェンジしたばかりの新型車であっても
残クレなら買えるわけです

 

中古車を乗り継いでいる人は年間少しだけ頑張ってみるだけで
故障の心配のない新車に乗れ5年後に大事に使用してきた
愛車を10万以上安く購入すると考えれば
もう中古車なんて買えなくなってしまいますよ

 

1度販売店で新車の残クレプランと
中古車の計算書や見積もりを取って検討してみる価値があると思います

 

あまり残価設定プランで購入を考えないほうがいいと思われるタイプ
・現金主義の人
・年間3〜4万キロ走る人
・車をアレンジしたりカスタムしたい人


残価設定プランは買いやすい 巧みなセールストークで思わず契約してはダメ!

セールスマン

車を購入する人は一番最初は何を決めるのでしょうか?
車種を決めて予算を立てるのか?
予算を決めてから買える車種を探すのか?

 

最初の車選択条件は個々の考え方が違うのでひがしぜん当然違うはずです

 

 

新型の車の発表会や試乗会にふら〜と行ってしまったがために上手に攻める営業マンに料理され衝動買いって人もいるでしょうけどね

 

 

今までは営業マンも予算を聞き出したり希望車種を聞き出したり
ユーザーの状況や気持ちなど予測したうえで車種は支払プランを提案していたわけですが

 

ローンでの購入を試算した時予算オーバーで手が届かなかったワンランク上の高級車でも
残価設定プランなら乗ることが出来るし欲しいオプション追加も容易で商談しやすくなったといえます

 

しかし
現金で購入を検討していた人がワンクラス上の車購入するために残価クレジットを利用するのは
期間終了時の精算のこともしっかり考えておかないと後悔することにもなりかねません

 

避けて通れない期間終了後の清算
3年の残価設定プランで購入すると3年後清算という事態がやってくるので
残価を支払いそのまま乗るか残価清算をして車を返し新しい車を契約するか
残りの金額をローンで支払うかしなければいけないのです。

 

残価クレジット支払中は金利も支払っているわけなので
年間支払いを抑えるために残した残価分を清算するときは一番賢い選択をしたいものです。
ほとんど場合残金を支払い自分の所有の車としてしまう方法いいでしょう
そのまま使用するなり買取業者に高く売ることも出来るからです。

 

最悪なのは車が買い取り業者などでもっと高く売れるのに下取りとして次の車を契約することです。

 

残クレ終了間際には必ずやっておきたい《車買取》最大8社無料一括査定




 
ホーム 実際のトラブルと回避法 発生しやすいトラブル 買取満足度レビュー 還付金で損してませんか?