残クレ契約終了まじかの方必見!

残クレ終了時に商談を有利の進めるために必要なこと

下取りと買取

 

残価設定プランが終了する時に返却する車の査定をしますが、残価より高くなる場合が多いですが
残価より少し高いからと言って満足していたら損しますよ、 高くなるのが普通だということです。

 

よく考えてください 販売店が決める残価率は当然余裕をもって決めてあって
残価通りの金額ならでったいに損しない金額を設定しているのです。

 

今まで大切に使用してきたならなおさら自分でも買取価格の調査をしておくことですね
下取りより買取が高くなるのは常識に近い 30万以上差が出ることもある

 

残価クレジットで清算する時もリース契約が満了する時も再査定して評価するなら、
その前に買取業者にも査定をして貰い参考にしないと大損するかも?
あまりかけ離れた金額なら少し面倒でも買取業者に売るほうがいいでしょう

 

とりあえず一括査定で買取価格の調査をするなら↓↓↓

残価設定プランの最終月にはまず2つの選択が迫られます。

車を今までどうり使用する

・残価をクレジットか現金で清算する

 

・査定とかは必要なくなる

車を入れ替える又は

使用しないので返却する

・まず再査定となり残価より査定価格がくなれば次購入する車の頭金になるが
事故とかで査定が安い場合は追徴金が発生する

 

・車を購入しない場合も同様に査定額が高ければ返金、安ければ追徴金が発生する

 

 

残価クレジットで車を購入してくれるユーザーは販売店にとってはとても良いお客様です
メインテナンスはしてもらえるしキャンペーンとか安くしたりもしますが金利も支払ってくれる

 

終了後必ず商談となり次の車を購入を検討してもらえるお得意様となってもらえる要素が強い!
せっかくお付き合い出来たユーザーを他社に取られるわけにはいかないと
査定価格も次に購入する車の値引きも特別にする場合も多々出てきます。

 

この商談時に他社が査定して出した買取価格情報を持っているだけで有利に商談することが出来るのです。
購入する車は決まっていたとしても一括査定などで買取価格を知っておくのは有効な方法です。

 

同時によく読まれる
残クレ・残価率・メーカーや車種で違いはあるの?

 

残価設定型クレジットで損する人!




 
ホーム 実際のトラブルと回避法 発生しやすいトラブル 買取満足度レビュー 還付金で損してませんか?