スバルのSUV車といえばフォレスター

フォレスター・失敗しない中古車を見分けるポイント

2012年11月13日に発売開始となった4代目フォレスター
間もなく2年になろうとしている

 

 

これからのシーズンには最適な車それにSUVには珍しいマニュアル車もあるので走りたい人にはたまらない
そろそろ中古車として出回ってきています。 

カーセンサーで検索してみる

 

中古車を選ぶ時のチックポイントは
・事故修理歴や最近心配な冠水
・走行距離とメインテナンス状況

 

と言っても未経験の方は何処を見たらいいのかわからないケースが多いかもしれません

 

とりあえず確認できるのは外観と内装の状態は注意してみれば良し悪しの判断はできると思います

 

ここでワンポイント
★・外観の歪みなどから事故車をを見つだす方法・
車はドアと車体 ボンネットと車体 バックドア(トランク)と車体
バンパーやヘッドライト類と車体など一定の隙間になっていますが

 

車体やシャシに強い損傷を受けると隙間違った状態で修復されることが良くあるので
右左違和感がないかなど確かめると事故車両を見つけることが出来る場合があります。
ただ新車当時からずれている車も存在するので、疑いがある場合はよく見ることが重要です。

 

★・冠水車両の見つけ方・
冠水車両の見方は非常に難しいので
第一は販売店によく確認すること
社内にカビのようなにおいなどしないか?
シート裏の鉄が異様に錆びていないか?などを見て判断するしかありません

 

★・悪路を走ったり河川敷など使用していないか確認・
下回りなど確認できるようなら擦っている跡がないか自分の目で確認できると安心です。
高速道路を多用していたり雪道の走行が多いと融雪剤によって足回りフロア裏側が腐食しやすいので確認が必要
ある程度はやも負えませんが見逃してしまうとあとで後悔します。

自動車保険加入するなら


もう一つ
★・出来れば試乗して確認・ 
ハンドルがとられないか?
うなり音はないか?
振動はないか?
ブレーキ時異音はないか?
メインテナンス記録なども確認出来れば安心

 

試乗するときは少し窓をあけると異音が確認しやすいときもあるので
神経を集中して行いましょう。

 

★・フォレスター対抗車種・
トヨタ > ハリアー・日産 > エクストレイル・マツダ > CX-5・ホンダ > VEZEL(ヴェゼル)など



 
ホーム 実際のトラブルと回避法 発生しやすいトラブル 買取満足度レビュー 還付金で損してませんか?