受け取れるリサイクル預託金で損をしているかも?

リサイクル預託金とは何?

自動車保険加入するなら

リサイクル預託金のトラブルというより

 

実は預託金額分を返還してもらえるケースなのに
ごまかされることも考えられるということです。

 

 

リサイクル預託金とはどんな性質のものか? 
リサイクル預託金てなに?って聞いて 説明できる人は何人いるんでしょうか?
カーディーラーや現金買取業者から「廃車する時に必要な費用ですよ」ぐらい
聞いている人はいるでしょうが、少し勉強してみませんか?

 

 

リサイクル法が(2005年1月)から始まり
車を廃棄する時に必要な処理費用を負担するために作られたのがリサイクル預託金

 

預託・金  つまり一旦預けているお金なんですね
エアコンに使うフロンガスの回収費用
エアバッグの取り外し処理費用
ガラス・繊維・ウレタンダスト処理費用
金属破砕片処理費用
オイル・水銀、鉛などの処理費用

 

車を廃棄するといってもかなりのお金が必要だとわかります・・・が

 

あくまでもリサイクル預託金は車を
廃棄処分する時に使われる費用として

 

一旦預けているお金だとわかりますよね

 

つまり 下取りや買取に出した車がもう一度
何処かで使用されるのであれば 
手放した人には返還されるべきお金

 

解体廃棄処分となるときのみ使用されるお金なのです

 

販売店や買取業者に有耶無耶にされたらいけないお金
どんなに古い車でも転売されるようなら
リサイクル預託金を返還して貰えるので
最終処分されるのか?
転売予定があるのか?
リサイクル預託金はいくらなのか?
金額明細も含めはっきりさせるのが損をしないコツです

 

事故車や古い車でも修理して転売するかも知れません
その時は当然 返還してもらわないと損をするのです

ごまかされるのはこのケース

 

リサイクル預託金を返還して貰えない場合はこういうのです。
「リサイクル預託金が戻らないってことは最終処分されちゃうんですね〜
悲しいけど処分された証明書コピーでいいので欲しいんですよ」

 

「最終処分をやりましたという証明書のコピーを貰う」約束をしましょう。

 

 

リサイクル預託金はいつどうやってもらうのか?

 

買取に出した時
下取りに出した時
知人に売った時
車を手放す時に発生するものなので
それぞれ買取業者か販売店が契約の中で
相当額を車の価格にプラスするのが普通です。
知人の場合は分けてもいいですし合算でもあなたがわかっていればOKですよね

 

 

自動車リサイクルシステムの車両状況紹介で確認が出来ますので
販売店や買取業者の嘘の報告はすぐにばれます。
トラブルを防ぐために車両情報をとっておきましょう

 

必要情報は以下の3つ
登録番号/車両番号
車台番号 
リサイクル券番号

 

調べたい方は⇒http://www4.jars.gr.jp/VWeb/VDIS0010.do

 

車のリサイクルや不法投棄などを防ぐ目的もあり施行されましたが
リサイクル預託金のことを理解していないと
損をしたりトラブルになったりして嫌な思いをする破目になりますよ



リサイクル預託金の還付のトラブル関連ページ

あなたは自動車税で損をしているかも?
買取や下取りに出した車の自動車税は誰のもの?自動車税の区切りは4月から翌年3月まで4月になった時車の名義の人が支払う義務が発生するが・・・・
あなたは重量税で損をしているかも?
買取や下取りに出した車の重量税って戻ってこないの?どんな時に重量税は還付されるのか?

 
ホーム 実際のトラブルと回避法 発生しやすいトラブル 買取満足度レビュー 還付金で損してませんか?