重量税が戻るとき戻らないとき

車検が残っていても重量税は還付が受けられないときもある!?

自動車保険加入するなら

重量税の還付金については本人がするこケースは極まれでしょう。
2005年1月から「自動車リサイクル法」がスタートしたことにより

 

シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の引取・リサイクルが義務づけられ
リサイクル費用として1回のみ処理費用を負担することになりました。

 

その時の使用済自動車の再資源化等に関する法律の施行と同時に
使用済自動車つまり廃車登録をした車に車検の有効期間が残っていた時
自動車重量税の未経過分を還付するという
自動車重量税の廃車還付制度もはじまったのです。

 

 

 

買取や下取りに出す車に車検が残っていれば、
すべて自動車重量税の還付が受けられるわけではなく
使用済自動車として処分されたときのみ未経過分の還付が受けられる
ここがポイント!このとを理解しなければいけません。

 

展示場に並べたりすぐに転売する車は
どんなに車検有効期間があり重量税の未経過があっても
国からの還付はないということです

 

 

還付を受けるために運輸支局等の窓口へ必要な還付申請書
この申請には買取業者や下取り業者が出した最終処分場(解体業者)が
使用済自動車が解体された旨の連絡を受けた後、
永久抹消登録申請又 は解体届出の手続と同時に運輸支局等に提出するので日時がかかります。
他人がする内容があるためこの時に確認しながら進める事でトラブル回避できます。

 

自動車保険加入するなら

一般的には買取業者や下取り業者が重量税還付金相当額を

プラスして引き取ってくれることが普通です。
この時きちっと明細を分けてもらえば何も心配することはありません。

 

自分で行う場合  手続きに必要な書類や方法は(国税庁資料)こちらで
「使用済自動車に係る自動車重量税還付申請書の記載の手引」(PDFファイル/1,113KB)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/denshi-sonota/jidoshajuryo/pdf/02.pdf
還付申請書の記載に当たって誤りやすい箇所を分かりやすく説明したパンフレット
「自動車重量税還付申請書記載のポイント」(PDF/2,308KB)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/denshi-sonota/jidoshajuryo/pdf/07.pdf

 

 



重量税の還付金のトラブル関連ページ

あなたは自動車税で損をしているかも?
買取や下取りに出した車の自動車税は誰のもの?自動車税の区切りは4月から翌年3月まで4月になった時車の名義の人が支払う義務が発生するが・・・・
あなたはリサイクル預託金で損をしているかも?
買取に出した車は廃車されるか転売されるのですリサイクル預託金とは何? 実は下取りや買取に出した車のリサイクル預託金は受け取れるはずのだったかもしれない車を手放す方は必見!

 
ホーム 実際のトラブルと回避法 発生しやすいトラブル 買取満足度レビュー 還付金で損してませんか?