よくある車買取トラブル!あなたは自動車税で損をしているかも?

自動車税の還付金/普通車と軽自動車の違い

自動車保険加入するなら

自動車税は毎年4月1日に車の所有者(車検書上ではに使用者)に
課税される税金で

 

普通車は都道府県税として課税
軽自動車は区市町村税として課税

 

このうち軽自動車は4月1日に課税された車を
全く使用せずに4月10日に廃車届をしても
年額徴収されるので覚えておくと良いですよ。

 

凄く損をするように思われるかもしれませんが
4月2日に登録した軽自動車には1年間課税されないので
この年の自動車税はタダなんです

 

軽自動車の場合一度納付した自動車税の還付制度はありませんので
還付金のトラブルは起きることはありません。
これも覚えておくべきことです。

 

普通車は経過月数により月割りで計算され
未経過月数分を還付金として受け取れるようになっています
正し 間違えてはいけないのが抹消登録(ナンバーを返納)をしなければ
都道府県からの還付金はありません。

 

抹消登録しない場合はどうなるか?
泣き寝入り?

 

未経過月数相当分を買取業者や下取りに出した業者から
車の査定に含めて貰う場合がほとんどになります。

 

車の査定価格と未経過月数相当分を分けて説明してくれる
業者は少ないと予測されます (逆に分けて説明してくれる業者は良心的)

 

間違いなく還付金を受け取る手段としては良い方法の一つとして
車検期間が3か月以内なら抹消登録をする条件で契約する方法があります。

 

 

自動車保険加入するなら

自動車税の未経過月数とは
自動車税の納付期限は5月31日なので
5月中に納付し6月に抹消登録した場合
6月以降の月 7月より翌とし3月までの9か月分12分の9が還付される
残り月数を計算すれば幾ら還付されるのか知ることが出来ますよ

 

誤魔化されたらダメよ〜

 

悪質なところは話もしないで買取価格を提示し聞かれたときは
「含まれていますよ」なんてケースも 気を付けてくださいね (^^♪

 



自動車税の還付金のトラブル関連ページ

あなたは重量税で損をしているかも?
買取や下取りに出した車の重量税って戻ってこないの?どんな時に重量税は還付されるのか?
あなたはリサイクル預託金で損をしているかも?
買取に出した車は廃車されるか転売されるのですリサイクル預託金とは何? 実は下取りや買取に出した車のリサイクル預託金は受け取れるはずのだったかもしれない車を手放す方は必見!

 
ホーム 実際のトラブルと回避法 発生しやすいトラブル 買取満足度レビュー 還付金で損してませんか?