軽自動車が個人売買向きなわけ

買取り価格より高く 販売店より安い個人売買

軽自動車の需要は高く車社会ではなくてはならない存在
特に地方になtレは免許取得者に一台という家庭も少なくない

 

軽自動車のメリットは経費の安さ
1.重量税、自動車税が安いだけじゃなく自動車任意保険も安い!
   (7.200円→2014年4月登録車より10.800円)
2.名義変更など手続きが普通車より簡単
 車庫証明がいらない!(車庫証明の届出が必要な対象地域もあります)
3.駐車スペースも少なく小回りが利く 駐車慮王が安い場合もあり
4.高速道など有料道路崇高料金が安い

 

個人売買のメリット1つ 4月から高くなる消費税も個人売買ならからない!
こんな車だから中古車需要もおおく 極低年式 10年以上経過していても
車の状態さえよければ売買されている。
最近の軽自動車の性能は良くメインテナンスの行き届いている車であれば10万キロ位走っていてもなんの問題もない
もちろん消耗品やメインテナンスには費用はかかる1番困るのは事故による不具合かな
近所のガソリンスタンドやカー用品店などちょっとしたことなら対応できるし相談できるので利用するのもいいですよ

 


個人売買で少し高売れてもトラブルになるようならゴメンだ!

トラブルを避けるにはトラブルになりようにない人に買ってもらうのが一番 親 兄弟 親せき
それでも 車の状態について(事故歴 不具合箇所)嘘をつくとそんな中でもトラブルは発生します
車の状態が(事故歴なし又は後遺症無 不具合箇所無)も問題ない場合におススメかな

 

トラブルにならない売り方
1.現状渡し 現金と引き換えで 抹消登録済みで車と書類を渡す販売方法
2.現状渡し 現金を先に貰い 名義変更費用も貰いこちらで変更後車を渡す販売方法
3.現状渡し 現金を先に貰い 書類とナンバーを渡し変更確認後車を渡す販売方法

 

 買う人にとっては少し不安かもしれませんが 車や書類を渡しているのに なかなか名義変更しないで、其のまま使用され 駐車違反や交通事故など起されてはたまりませんので こちらの条件を飲んでくれない人と取引する場合は注意しないと後で後悔する事になりかねません。

 

こんな車なら買わなければよかったとならない為に!

中古車のいいところは安く乗れる所   でも!!

 

前のオーナーの使用状況やメインテナンスのしかた 
車の状態はすべて異なっています。
乗ってみないとわからない物もありますが、
日本車で普通に使用されていた車であれば、
たとえ10万キロ以上走行していたとしても、問題なく使用できるし
海外に輸出されて30万以上になるまで使われていても
故障が少なく日本車は人気となっています。

 

個人売買で買う時の注意点
1.検討する車にもよりますが、現状で異音とか故障個所があるかの確認
2.事故歴とそれによる後遺症の有無 事故と言っても大小色んなケースがあるので確認が必要
3.メインテナンス状況 エンジンオイルに関しては注意が必要 エンジン内部にオイルスラッジがこびりついているようならアウト!
4.書類をそろえて貰い現金引き換えが一番安心 ごく稀に書類がそろわない事があるので注意が必要
5.できれば試乗、現車確認できる車もしくは確認してくれる第三者がいればいいですね
6.不安になったらやめる事

 

楽天オークションで掘り出し物を探そう

お買得軽自動車も高級車だって個人売買なら消費税いらず

 

自分だけの1台を見つけよう!『カーセンサーnet』




 
ホーム 実際のトラブルと回避法 発生しやすいトラブル 買取満足度レビュー 還付金で損してませんか?